English

インターナショナル・コンペティション 審査員


 山形国際ドキュメンタリー映画祭2017インターナショナルコンペティション作品15本の中より、ロバート&フランシス・フラハティ賞などを決定する5名の審査員をご紹介します。

(名字アルファベット順)


-

イグナシオ・アグエロ(チリ) Ignacio Agüero

1952年、チリ・サンティアゴ生まれ。映画監督、作家、プロデューサー。近年、作品の回顧上映が数か国で開催されている。YIDFFではこれまでに『100人の子供たちが列車を待っている(1988)、『氷の夢(1993)および『サンティアゴの扉(2012)を上映。



-

ディナ・ヨルダノヴァ(ブルガリア) Dina Iordanova

映画批評、研究。スコットランドのセント・アンドリュース大学にてグローバル・シネマとクリエイティブ・カルチャーの教授。非西洋圏の映画に関心をもつ。映画祭についての出版があり、世界中の映画祭で審査員を務めている。



-

ランジャン・パリット(インド) Ranjan Palit

撮影監督、監督、プロデューサーとして35年以上のキャリアを持つ。撮影監督としては、『マーヤーのために(YIDFF '99)、『予言の夜(YIDFF 2003)などのドキュメンタリーだけでなく、劇映画やコマーシャルを100本以上手掛ける。映画監督としても、『魂たちへの歌(YIDFF '97)、『In Camera』(2010)などのドキュメンタリー作品を多数制作している。



-

ジョスリーン・サーブ(レバノン) Jocelyne Saab

1948年レバノン生まれ。長編ドキュメンタリー『Lebanon in Turmoil』(1975)でアラブ批評家賞受賞。初監督した劇映画『A Suspended Life』(1984)がカンヌ映画祭に選出。映画、写真、インスタレーションなどジャンルを超えて作品を発表。アラブを代表する映画作家として世界で活躍している。



-

七里圭(日本) Shichiri Kei

1967年生まれ。近年は、ライブ・パフォーマンスやワーク・イン・プログレスを導入する「音から作る映画」シリーズ(2014〜)など、実験的な作品作りに取り組んでいる。代表作は『眠り姫』(2007−2016)