English

ボランティア


YIDFF 2017 ボランティア大募集!

 ひと味違った映画祭の楽しみ方のご提案。山形国際ドキュメンタリー映画祭にボランティアとして参加してみませんか? 毎回各方面から絶賛されているのがボランティアさんの力による、あたたかい手づくり感覚です。国際映画祭の雰囲気と、新しい出会い、楽しい交流。みなさんの参加をお待ちしています。今年も一緒に映画祭を盛り上げていきましょう!

※これまで参加経験のある方は、説明会に出席しなくても登録できます。メールあるいはお電話にて、事務局までボランティア参加の意思をお伝えください。

ボランティア説明会

79日[日]15:00、19:00(2回)
86日[日]15:00、19:00(2回)
[会場]山形市総合福祉センター 3F 会議研修室1(霞城公民館北隣)

730日[日]15:00、19:00(2回)
[会場]山形市市民活動支援センター 高度情報会議室(山形駅西口 霞城セントラル23F)

※1時間程度の説明会です。どの回も内容は同じです。初めて参加される方や参加をご検討されている方は必ず説明会にご参加ください。事前申し込みは不要です。
※7月30日の説明会は駐車券が発行されません。お車でお越しの方は7月9日と8月6日の説明会をご利用ください。7月30日の会場は山形駅に隣接しておりますので、電車をご利用になられる方はこちらの日程にてご参加いただくと便利です。

募集セクション

  • 会場
    会場の飾り付け、チケット販売、場内整理・誘導など、たくさんのお客さんをあたたかく迎える大事なお仕事です。国内外から来るたくさんの観客やゲストに出会えます。映画祭の雰囲気を味わう絶好の機会! 外国語ができる方大歓迎です!
  • ゲストサポーター
    来形される全てのゲストや来場者をあたたかく迎え、滞在をサポートするお仕事です。語学が得意な方、習得した外国語を活かしてコミュニケーションしたい方におすすめ。言語は問いません。日本語しか話せなくてもOK! ゲストとのすてきな出会いが待っていますよ。
  • 東京ゲストサポーター
    成田空港での出迎え、東京駅での電車の乗り継ぎなど、海外ゲストの東京−山形間の旅をサポートするお仕事です。「語学力を生かしたい」「一日でも映画祭の手伝いがしたい」という方におすすめです。
  • 広報
    山形映画祭の開催を多くの方に広めるお仕事です。ひとくちに広報といっても、ポスター掲示からテレビ・ラジオ出演まで形はさまざまです。期間中は国内外から集まるメディア関係の方々のサポートも行います。映画祭を盛り上げるべく、一緒に広報していきましょう!
  • デイリー・ニュース
    映画祭期間中に発行される公式日刊紙の取材・編集のお仕事。あなたがゲストや監督にインタビューして書いた記事が紙面を飾ります。監督が作品に込めた思いを直に感じ取ることができますよ。
  • 香味庵クラブ
    毎回大好評の交流の場、夜のメイン会場(?)「香味庵クラブ」を運営します。「香味庵で会いましょう」を合言葉に世界中の映画好きがここを目当てにやってくるとか。夜は任せて! という方におすすめ。
  • 司会進行
    メイン会場での上映進行。ステージでのアナウンス、司会進行を行うお仕事です。上映後の質疑応答の司会進行は、毎回ボランティアさんが行っているんですよ。監督と仲良くなる大チャンスです。
  • 市民賞運営
    国際審査員が決める賞とは別に、観客の投票によって決められるのが市民賞です。運営方法の検討から投票用紙の配布・回収・集計、そして表彰までを行います。受賞監督からの笑顔のプレゼントが待っています!
  • 同時通訳機操作
    映画祭で上映される、日本語字幕のない映画に専用機器で同時通訳音声をつけるお仕事。簡単な仕組みなので、一度レクチャーを受ければ操作できます。映画上映を陰で支える、大事なお仕事です。
  • パーティー運営(兼務可能)
    表彰式後の夜に開催する、フェアウェル・パーティーの運営。映画祭の最後を締めくくります。遊びごころのある演出で、あたたかい場を一緒につくりましょう。「ヤマガタでまた会いましょう」が合言葉!

 皆様のご参加をお待ちしています!


[問い合わせ]
phone: 023-666-4480(映画祭山形事務局)
e-mail: info@yidff.jp