English

スープとイデオロギー

Soup and Ideology

日本、韓国/2021/118分
監督:ヤン ヨンヒ Yang Yonghi

-

家族を被写体にした作品群の続編ともいえる、母を主役にした私的映画。監督は、済州島の4・3事件を生き抜いた母の半生に向き合い、失われつつある記憶を掬い取ろうと試みる。母は、新しく家族になった娘の夫のために特製スープを作るが、おそらくそれを最も食べさせたいのは、会うことのできない北朝鮮にいる息子たちだろう。本作は、ホームムービーの体裁で軽やかにどこの家庭にもありそうな不協和音を描きつつ、底流にある歴史の残酷さを抉り出す。それは同時に「国家」という不確かな存在について問いを投げかけているようでもある。

※本ノミネート作品はYIDFF 2021オンライン上映はありません。ご了承ください。