English
その他上映会情報

2019-11-19 | アテネ・フランセ文化センター:生誕100年記念 サンティアゴ・アルバレス特集上映

 革命キューバが生んだ、ドキュメンタリーの伝説的映画作家サンティアゴ・アルバレス(1919−1998)。ラディカルな彼の作風は、ゴダールをはじめ世界中の多くの映画人に影響を与えた。彼の生誕100年を記念し、世界を巡って作られた600本を超えるフィルモグラフィーから厳選した12本の作品を全作品日本語字幕付きで一挙上映。

 今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映された『誰が撃ったか考えてみたか?(2017)の監督トラヴィス・ウィルカーソンの1999年の作品『加速する変動 ― サンティアゴ・アルバレスのイディオム』も特別上映します。

アテネ・フランセ文化センター
生誕100年記念 サンティアゴ・アルバレス特集上映

開催期間:1211日[水]−14日[土](4日間)

1211日[水]
 15:40 
プログラムA:ハリケーン』『今!』『セロ・ペラド号計71分
 17:20
プログラムB:ハノイ、13日火曜日』『勝利に向かっていつまでも』『L.B.J.計71分
 19:00
プログラムC:79歳の春』『離陸18時』『ニクソンのオペラ計75分

1212日[木]
 16:00
プログラムD:大逃走』『虎は跳びかかり殺した…しかし…死ぬだろう…死ぬだろう!!!』『祖国のために死ぬことは生きることだ計54分
 17:20
プログラムA:ハリケーン』『今!』『セロ・ペラド号計71分
 19:00
プログラムB:ハノイ、13日火曜日』『勝利に向かっていつまでも』『L.B.J.計71分

1213日[金]
 16:00
プログラムC:79歳の春』『離陸18時』『ニクソンのオペラ計75分
 17:40
プログラムD:大逃走』『虎は跳びかかり殺した…しかし…死ぬだろう…死ぬだろう!!!』『祖国のために死ぬことは生きることだ計54分
 19:00
プログラムA:ハリケーン』『今!』『セロ・ペラド号計71分

1214日[土]
 13:45
プログラムB:ハノイ、13日火曜日』『勝利に向かっていつまでも』『L.B.J.計71分
 15:25
プログラムC:79歳の春』『離陸18時』『ニクソンのオペラ計75分
 17:05
プログラムD:大逃走』『虎は跳びかかり殺した…しかし…死ぬだろう…死ぬだろう!!!』『祖国のために死ぬことは生きることだ計54分
 18:30
プログラムE:加速する変動 ― サンティアゴ・アルバレスのイディオム監督:トラヴィス・ウィルカーソン/56分
 19:30
シンポジウム
登壇者:岡田秀則(国立映画アーカイブ主任研究員)、新谷和輝(キューバ映画研究者)/司会:濱冶佳(山形国際ドキュメンタリー映画祭)

[会場]アテネ・フランセ文化センター(東京都千代田区)
[料金]
一般:1,500円
学生・シニア:1,300円
※1回目上映開始の20分前から当日上映分を販売します。
[主催]アテネ・フランセ文化センター、グルーポ・シネ・ウルヘンテ
[共催]認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭
[協力]
La Oficina Santiago Álvarez del ICAIC、パッソ・パッソ、同志社大学今出川校地学生支援課、出町座
[問い合わせ]phone: 03-3291-4339(アテネ・フランセ文化センター)

詳しくはこちら アテネ・フランセ文化センター Webサイト:生誕100年記念 サンティアゴ・アルバレス特集上映